ARTらんだむ

ARTについてのトピックをアット・ランダムに発信します。

ARTらんだむ イメージ画像

2017年09月

前回、北方絵画について書いたついでに、少しばかり「北方」の整理をしておきたいと思います。西洋美術において「北方絵画」といえば、概ね現在のベルギー・オランダ・ドイツあたりの絵画をさします。しかし、いずれの地域も現在の国名や領域と完全に一致しているわけではあ

今年に入ってから北方ルネサンスに関する展覧会が相次いで開かれており、前半期だけで下の3つの展覧会をナビゲートしました。①クラーナハ展 500年後の誘惑 (国立国際美術館)②ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで (兵庫県立美術館)③ボイ
『北方絵画の魅力』の画像

↑このページのトップヘ